家を新築したときに買ったダイニングテーブル

今まで主人の仕事の関係で転勤が多く、家はマンション住まいをしていました。結婚して10年たちましたが、その間に転勤に伴う引越しを3回してきました。毎回引越しの準備やそのほかの手続きは自分がするのでとても大変でした。最近また転勤が決まり、今回は本社勤務となったので、これを機会に家を建てることにしました。まったく縁のない土地でしたが、納得のいく家を建てることができました。家の間取りなどすべて注文住宅なので自分たちの意見が通りました。それでとくに主人が内装、外装ともこだわりのものを選びました。内装では壁紙は薄いグレー色にして、床やドアの色はダークブラウンにしました。そこでそれらに合わせるために主な家具類もすべて買い替えることにしました。色を合わせて買った、大きなものはダイニングテーブルとテレビボードです。

ダイニングテーブルは今までは、ガラス製の天板が載せられて足が黒色のものを使っていました。椅子は合皮の白色の椅子でした。これでは色が合わないです。ダイニングテーブルはリビングの一番メインの家具になると思うのでまず、これから探すことを始めました。大阪にある大きな家具店をまずまわりました。探している色はダークブラウン系のもので木目調のものです。これに合わせた椅子も探していました。大型家具店では数えきれないくらいのダイニングテーブルが置いてあり、値段もいろいろありました。わざわざ電車を使ってそこの家具店まで見に行ったこともあり、その中からダイニングテーブルとイスが3脚、ベンチ型椅子が1脚のセットを買うことにしました。色も調度思っていたものです。値段は8万円くらいでした。我が家のリビングはとても広くとってあるので、テーブルでも大丈夫です。そこで180センチサイズのものを選びました。ゆったりとしたテーブルで、とても気に入っています。椅子は座る面が黒色の皮、背もたれが同じ木目調のものです。部屋の中心に床の色とぴったりと合っています。テレビボードの方は近くのホームセンターで見つけました。これもちょうど同じようなダークブラウンのものがあったのです。

それですぐに注文をしました。それ以外にもソファを買いました。カーテンと食器棚に合わせてグレー系の色です。ローンを組んで返済には時間がかかるのですが、こうして次々と自分のマイホームが自分たちが考えた通りに出来上がっていくのはとてもうれしいことです。これからも楽しみです。