台所にダイニングテーブルを置きリビングにはテレビを購入して設置しました

私は主人が転勤族でずっと宿舎住まいでした。宿舎は畳の部屋が多くて食事をする時も畳の上に机を置いて座って食事していました。ダイニングテーブルで椅子に座って家族でいろいろな話しをしながら食事するのをずっと夢見ていました。子供が大人になり落ち着いたので、実家に帰って母と同居する事になりました。実家の1階は和室が一部屋あってダイニングや、リビングは床の間だったのであこがれのダイニングテーブルを、ダイニングルームに置く事ができるようになりました。しかもリビングとダイニングルームは続いているので、テレビを見ながら食事もできます。ダイニングテーブルは4人用でそれに合わせて椅子も付いていて、食べる時宿舎住まいの時みたいに、畳の上に座っての食事ではないので、嬉しかったです。椅子に座ると足も楽で食べ終わって食器の片付けがスムーズにできて、本当に良かったです。

ダイニングテーブルをダイニングルームに置くと、料理を運んだりするのもすぐだし便利のいいものだと思いました。宿舎で住んでいる時は座敷から台所の流し台まで食器を運ぶのも、少し遠いような気がするし立ったり座ったりする動作も大変だったような気がします。主人の実家のダイニングルームに最初置いてあった机は昔家が、飲食店だったのでその時使っていた机を使っていて少し夢に見たダイニングテーブルとは大分違っていたから、母を説得して新しい物を購入して設置して、その上からおしゃれなデザインのテーブルクロスをかけた事で食事をするのが楽しみになる位でした。ダイニングテーブルにつける椅子は、回転式の物を選びました。椅子に座った後椅子を出したりしまったりしなくても椅子の座っている部分が回る事で、その動作が楽にできるのです。その事で床に付ける傷も少ないので良かったです。テレビは宿舎に住んでいる時、宿舎の和室に合わせて購入したので28型のテレビを買いました。実家のリビングが12畳位あって、そこにテレビを置くとすごく小さく見えてソファに座って見ると画面がとても見えにくいので、お姉さんが着た時テレビをソファの近くまで持って来て置いていました。

7年前に地上デジタル対応のテレビを購入してその当時は、値段も高くて今現在同じ大きさのテレビを購入すると安い物だと、半額以下で買えるので今度買う時は40型位の大きな画面の物を購入しようと思っています。電気製品も大分買いやすくなって良かったです。