ポストカードを綺麗に印刷するためのコツ

ポストカードの印刷は、家で行う場合、年賀状の時期が最も多く作業をしていると思います。そんな時に綺麗に印刷するために大事な点は、まずは印刷のモードを確認することです。美しさを求めるのなら、インクを節約しない方法を選ぶことと、画像確認をするときにCMYKに変換して実際の色合いを調整することが大切です。また用紙を選ぶことも重要です。写真用のハガキと、インクジェット用のハガキと、通常のハガキではインクの鮮やかさが違います。インクジェット用ハガキは、イラストも写真も印刷できますが、写真の感じは出ませんし、写真の美しさを表現できないので、用紙にもこだわるべきです。そしてファイル形式を確認する事も大切です。有名なファイル形式はJPEGですが、こちらは保存をくり返すことで画像が劣化しやすいので、注意が必要です。綺麗に印刷ができるといわれているのは画像を圧縮しないTIFFといわれています。

ポストカードの印刷はコンビニでも気軽に出来ます

ポストカードの印刷は、印刷会社や写真会社だけでなく、コンビニでもできます。年賀状も持ち込んで印刷ができますので、追加の年賀状で数枚の印刷の場合、一度試してみても面白いと思います。備え付けのはがきを使うこともできるようですが、年賀はがきの様に特殊なものはありませんし、当然切手も貼られていないですから、持ち込みのハガキを使うことがおすすめです。SDカードやUSB、スマホやDVDなど多くの媒体に保存した情報を出力できますので、気軽に利用することができます。もちろん配置変更などもできますが、できればゆっくり家でデータを作成し、印刷のみマルチコピーを利用する方法がおすすめです。ただ大量の枚数を印刷する時は、他の方も利用する可能性もありますから、周囲に注意を向ける必要があります。

ポストカードの印刷をする前にテストプリントを

やはり専門の業者に依頼することが、もっとも綺麗に印刷できる方法ですが、多くの方はそこまで求めていないという場合が多いです。思い出の写真を大きく引き伸ばしたいという特殊な状況を想定されている方は業者にお願いすることが確実ですが、イラストをポストカードに印刷する場合、最近のプリンタでは十分綺麗に出力することができます。ただインクが高額になりがちな点がつらい点です。またプリンタは日頃から使用していないとインク部分が固まってしまう事があり、印刷がずれるなどのアクシデントが起こりやすくなります。最初にテスト印刷を行うことを推奨します。これは本番のプリントを通常の紙にプリントすることではなく、プリンタの設定の中にあるテストプリンタのことです。ただこれは大変インクを使ってしまうので、一度テストを行ったら、なるべく小まめにプリンタを使ってほしいです。