失敗しないダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブルは、食事の際に家族が集まる楽しい場です。家具の中でも、ダイニングテーブル選びは、家庭の雰囲気を決める重要な要素な上に、滅多に買い替えることのない家具ですので、慎重に選びたいものです。ダイニングテーブルを選ぶとき、まず考えるのはテーブルの大きさです。まず、四角いテーブルの場合、3、4人家族では、幅が140センチ〜170センチ、奥行きが80センチ〜90センチのものが人気です。肘つきの椅子を合わせる場合は、少し余裕をみて170センチ〜200センチ幅にするとよいでしょう。続いて、5、6人家族では、幅180センチ〜200センチのものがよく選ばれます。奥行きは、85センチ〜90センチがバランスよく収まります。椅子を放射状に置く場合は、160センチ〜180センチ幅で、奥行きはゆったりめの85センチ〜95センチが好まれます。


続いて丸テーブルでは、3、4人家族の場合は、115センチ〜130センチ、5、6人家族の場合は、130センチ〜150センチが人気のサイズです。最近は、ダイニングテーブルを食事の場としてだけでなく、ノートパソコンを置いて趣味の場に使ったり、親の目が届くダイニングテーブルで子供たちが勉強をするケースもよく見られます。こういった用途の広がりから大きめサイズを購入する家族も増えています。また、来客があるときのみ大きいテーブルを使いたいというニーズも多いです。しかし、年に数回の来客のために大きなテーブルを購入してしまうと、部屋が狭くなってしまう上に、普段の家族の人数に対してテーブルが大きすぎると食卓がもの寂しい雰囲気になってしまうので、注意が必要です。テーブルを引き伸ばして、必要に応じてサイズを変えられる商品もあるので、検討してみましょう。次にテーブルの素材です。素材によってダイニングの雰囲気は大きく変わります。よくある素材は、メープル材、アルダー材、チェリー材、ウォールナット材です。素材は、部屋の雰囲気全体を見て決める必要があります。特に床の材質との相性は大切です。床と同じような素材のテーブルは、色味が統一されてナチュラルな雰囲気になります。


一方テーブルと床の材質を変えれば、メリハリが付いてダイニングテーブルがインテリアのアクセントになります。一度購入したら一生使うといっても過言でないダイニングテーブルは、部屋の雰囲気全体、今後のライフスタイルを考慮して、納得のいくものを選びたいものです。

8種類の銘木から選べるその木の特性を活かしたオーダーメイドの木材家具は、永く生活を共にし、使いやすさ・快適さをしっかりと感じていただけます。 簡易で低価格でありながらデザイン性もある商品が人気を集める一方、我が社では自然にも人体にも優しいこだわりの無垢材家具を提供します。 オーダーのテーブルといえば家具蔵。